【ROLEX】ロレックス サブマリーナ デイト

2023年06月03日

ブランド名
ROLEX ロレックス
タイプ
時計

こんにちは、買取店わかばです。

今回は「ロレックス サブマリーナ デイト」をお買取いたしました。

「潜水艦」の意味を持つサブマリーナは1953年に誕生し、オイスターケース、回転ベゼル、ねじ込み式リューズを搭載し、ダイバーズウォッチの原点と呼ばれる存在です。

生誕から約60年が経過しておりますが、モデルチェンジごとの細かな調整はあるものの、初代モデルからほとんど意匠に変更はありません。

デイト付きのモデルは1988年から約20年以上生産されるロングセラーとなっており、幅広い層のユーザーが楽しめる高級スポーツウォッチとして人気の高いモデルとなっております。

お持ちいただいたお財布は、長年ご使用されていたようで角の辺りの糸ほつれがありました。

今回お持ちいただいたお品物は、風防の内側にやや汚れがございました。

ケースやブレスに小傷がございましたが、ダレも少なく状態の良いお品物でした。

使用頻度は低かったとのことで、全体的に状態は良く、お客様の期待以上の査定金額にご満足いただけました。

ご使用されていない時計をお持ちでしたらお近くの「わかば」までお持ち込み下さい。

価格を確かめるだけの無料査定も実施しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

【ROLEX】ロレックスとは

ロレックスは、1905年にハンス・ウイルスドルフによって創業された時計専門商社が始まりです。

当時流通していた腕時計は性能があまりいいものではなかったため、ハンス・ウイルスドルフは、これからの腕時計には信頼性も兼ね備えると予見して、腕時計の品質向上に注力します。

ハンス・ウイルスドルフは、商品名に短くて、どの言語でも発音しやすい名前をつけたいという思いがあり、商品名に『Rolex』と名付けました。

その後ムーブメントの精度追求に成功すると、腕時計として初めてスイスのクロノメーターの公式証明書を取得します。

ロレックスが優れている点のひとつとして挙げられるのが、オイスターケースの発明です。

オイスターケースは、時計ケースの中に複数の部品を組み合わせて作られ、ケースをしっかりと密閉することができるため水中でもしっかりと防水性を発揮するものです。

また、自動的にゼンマイを巻き上げることができる「パーペチュアル(自動巻き機構)」を搭載し、特許を取得しています。

パーペチュアルは、高い技術力と品質に裏打ちされたロレックスのコアテクノロジーの一つであり、ロレックスの時計の信頼性と正確性を支える重要な要素のひとつとなっています。

ロレックスは製品の品質を維持するために生産量を制限しており、現在は需要と供給が釣り合っておらず、希少価値が高くなっています。

このように、ブランド価値の高いロレックスの腕時計は精度の代名詞となっており、世界中の人々に求められ愛されています。