【Cartier】カルティエ トリニティリング

2023年05月19日

ブランド名
Catier カルティエ
タイプ
リング

こんにちは、買取店わかばです。

今回は「カルティエ トリニティリング」をお買取りいたしました。

トリニティシリーズは1924年に誕生し、1981年に「カルティエ トリニティ」として改めて発表さてたコレクションになります。

トリニティとは「3つ」「3重」と言った意味があり、ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドの3種類で構成されたリングになります。

それぞれ違う意味を持ち、ピンクが「愛」、イエロー「忠誠」、ホワイト「友情」となっています。

「トリニティ」は、100年以上にわたり、世界中の人達から愛され続けているモデルになります。

こちらは昔に購入され使用されていたそうですが、使用されなくなり保管されていたということでお持ち込みいただきました。

長年の使用による小傷があり、経年による変色が見られました。

使用感はありましたが、人気の高いカルティエのリングでしたので、お客様も査定結果にご満足いただきお買取りさせていただきました。

ご自宅に使用されていない、保管されたままになっているブランドのアクセサリーをお持ちでしたら、ぜひお近くの「わかば」までお持ち込み下さい。

価格を確かめるだけの無料査定も実施しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

【Cartier】カルティエとは

カルティエは、ルイ=フランソワ・カルティエが1847年にパリにて創業した宝飾店が始まりです。

扱われている商品はジュエリーだけでなく、革製品や時計、文房具類なども有名です。

創業当初から王族を顧客としフランス国内だけでなくロシアやイギリスなど、各国で王家御用達ブランドとなり宝飾品の歴史を塗り替える功績をいくつも残しています。

カルティエは世界初のプラチナジュエリーや、世界初の腕時計をつくったといわれています。

当時、懐中時計が主流だったなか、パイロットが操縦しながら時間を確認できる時計として、レザーストラップの腕時計が製造されています。

そしてなによりカルティエの代名詞ともいわれるのは、時代を先駆けたデザイン性です。

19世紀末に当時主流だった曲線的なアールヌーヴォスタイルではなく、直線的なアールデコスタイルを取り入れ、20世紀に大流行させました。

創業して以来、世界中の王族・貴族から愛されてきたカルティエは、「王の宝石商、宝石商の王」と称され世界5大ジュエラーにも選ばれています。

カルティエは老舗ジュエラーとしての誇りと、その前衛的なデザインで人気と信頼を確立したブランドなのです。